ホーム
事業内容
国際看護セミナー事務局
HOLOS国際看護セミナー
セミナー申込み
旅行事業部 
会社案内
プライバシーポリシー
   
 

HOLOS国際看護セミナー事務局

HOLOS国際看護セミナーのコンセプト

 
当セミナー事務局は2003年よりがん看護,緩和ケアや高齢者ケアの普及と患 者・家族主体の看護の視点から質の高い看護技術の向上及びELNECの促進を目指してELNECの先生方を招聘してHOLOS国際看護セミナーを毎年開催しております。


第19回 HOLOS国際看護セミナー2018

本年は、"クリティカルケア領域における緩和ケアとエンドオブブライフ・ケアへの対処" に焦点を当て、レベッカ・リーマー先生にELNEC-Critical Care Curriculum (2018年版)の教材を基に、第1部「アメリカのクリティカルケア領域における緩和ケアとエンドオブライフ・ケアの対処」のテーマでケーススタディをまじえたご講演いただきます。

また、第2部では、「アメリカのクリティカルケア領域における痛みと症状マネジメント」についてお話されます。


宇都宮 明美先生には、 「集中ケア領域における緩和ケアとエンドオブライフ・ケアの意義~心不全患者に焦点をあてて」についてご講演いただきます。

皆様のご参加をお待ちしております。

詳しくは、HOLOS国際看護セミナーのページをご覧下さい。

開催日程: 2018年12月2日(日) 東京 ・ 笹川記念会館


ELNEC (End-of Life Nursing Education Consortium)とは

ELNEC (End-of-Life Nursing Education Consortium)は、2000年に米国のアメリカ看護大学協会(American Association of Colleges of Nursing)と City of Hope Medical Centerが共同して設立した組織です。ELNECはエンドオブライフケアや緩和ケアを提供する看護師に必須とされる能力習得のための系統的なエンドオブライフ看護教育プログラム です。                       ELNEC-Core, Geriatric, Critical Care, Pediatric Palliative Care, APRN のコースがあり、米国内だけでなく世界85ヵ国 で行われています。

なお、日本語版の看護師に対するエンドオブライフケアや緩和ケア教育 ELNEC-J コアカリキュラム指導者養成プログラムを日本緩和医療学会で開催している。

ELNECの詳しい情報やELNECが主催するセミナーにご興味のある方は、下記URLをクリックして下さい。
ELNEC ホームページ (英語のみ) :  http://www.aacn.nche.edu/elnec                                   

2019年度の世界の主ながん看護及びホスピス・緩和ケア関連学会のご案内

①第21回国際がん看護学会年次集会2019年
    21st International Conference on Cancer Nursing (ICCN, 2019)
    開催日程: 2019年2月21日~22日、パリ、フランス

②米国ホスピス緩和医療学会/ホスピス緩和看護師協会年次集会2019年
     American Academy of Hospice & Palliative Medicine/Hospice & Palliative
   Nurses Association, 2019 Annual Assembly
     開催日程: 2019年3月13日~16日、オーランド、フロリダ州


③第44回米国がん看護学会年次総会2019年
     Oncology Nursing Society(ONS) 44th Annual Congress, 2019
     開催日程: 2019年4月11日~14日、アナハイム、カリフォルニア州

④第16回ヨーロッパ緩和ケア学会年次大会2019年
     16th World Congress of the European Association for Palliative Care (EAPC 2019)          開催日程: 2019年5月23日~25日、ベルリン、ドイツ

⑤第13回アジア太平洋ホスピス年次集会2019年
     13th Asia Pacific Hospice Conference (APHN)2019       
     開催日程: 2019年8月1日~4日、スラバヤ、インドネシア

⑥38回 老年高度実践看護師協会年次集会2019年
     38th Annual Gerontological Advanced Practice Nurses Association Conference, 2019
     開催日程: 2019年10月2日~5日、ラスベガス、ネバダ州
 

詳しくは、旅行事業部 (ここをクリック)のページをご覧下さい。

 

◆過去のセミナーの内容(講演内容抜粋)

第18回(2017年開催) テーマ: アメリカの高齢者おける最善のエンドオブライフ・ケア/
      緩和ケアの提供
 
 1)  アメリカの高齢者における最善のエンドオブライフ・ケア/緩和ケアの提供 講師:Carol Long先生
 2) アメリカのエンドオブライフにおける高齢者の倫理的課題とスピリチュアルケア 講師:Carol Long先生
 3) エンドオブライフにおけるスピリチュアルケアの道標
講師:田村 恵子先生
 4) がん緩和ケアの看護実践: 事例検討
 5)  質疑 ・ 応答コーナー
  【講師紹介】
Ms. Carol Long, PhD, RN, FPCN, FAAN, ELNEC-Geriatric Traner
高齢者への緩和ケアに力を入れた医療法人Capstone Healthcare,Palliative Care Essentials の創立者兼CEO。 2012年よりアリゾナ州立大学看護保健医療学部非常勤講師。 地域社会に根ざした医療および異文化看護における高齢者ケア/緩和ケアの専門家。
1978年ミシガン大学で修士号、1997年アリゾナ州立大学で博士号取得。


田村 恵子美先生、PhD, RN, Oncology CNS
1996年聖路加国際大学大学院前期博士課程修了。 1997年がん専門看護師取得。 2006年大阪大学大学院で博士号取得。

2014年より京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻緩和ケア・老年看護学分野教授。 ELNEC-J コア指導者養成プログラム講師。
 


第17回(2016年開催) テーマ: アメリカのクリティカルケア領域におけるエンドオブライフ/
      緩和ケアの向上
 1)  アメリカのクリティカルケア領域におけるエンドオブライフ/
緩和ケアの向上
講師:Constance Dahlin先生
 2) アメリカのクリティカルケア領域における痛みと症状
マネジメント
講師:Constance Dahlin先生
 3) クリィティカルケア領域における緩和ケアの現状と課題
講師:宇都宮 明美先生
 4) がん緩和ケアの看護実践: 事例検討
 5)  質疑 ・ 応答コーナー
  【講師紹介】
Ms. Constance Dahlin, APRN-BC, ACHPN. FPCN, FAAN
米国ホスピス・緩和看護師協会専門職実践部門長。ハーバード大学医学大学院緩和ケアセンター教員。マサチューセッツ総合病院保健医療専門職研究所で、がん看護専門看護師、高度実践ナースプラクティショナー(成人プライマリケア)取得。広範囲にわたる緩和ケアの管理、臨床及び学術分野で20年以上の経験がある高度実践看護師。米国ホスピス・緩和看護師協会の理事及び会長などを歴任。

宇都宮 明美先生、 RN, Critical Care CNS

聖路加国際大学大学院(成人・高齢者と家族の看護領域) 准教授。
2003年大阪府立看護大学大学院博士前期課程急性看護学CNSコース終了。
2004年急性・重症患者看護専門看護師取得。
兵庫医科大学病院ICU看護師長などを歴任。

第16回(2015年開催)テーマ: アメリカのエンドオブライフにおける症状マネジメントと緩和ケア        

 
    1)アメリカのエンドオブライフにおける症状マネジメント  講師: Judy A. Paice先生
    2)アメリカのエンドオブライフにおける緩和ケア  講師: Judy A. Paice先生
    3) 高齢者のエンドオブライフ・ケアと認知症の緩和ケア  講師: 桑田 美代子先生
    4)がん緩和ケアの看護実践: 事例検討
    5)質疑 ・ 応答コーナー
  【講師紹介】

Dr. Judith A. Paice, PhD, RN, FAAN

 ノースウエスタン大学フェィバーグ医学部血液・腫瘍学科がん疼痛プログラム長及び特任教授。 また、同大学ロバート H.リュリー包括がんセンター所属。 ELNEC Core Member。

1982年Rush大学(シカゴ)でがん看護学修士、1992年イリノイ大学シカゴ校で博士号取得。米国疼痛学会の会長を歴任し、2002年に同学会の痛みの分野で顕著な教育に貢献した人に与えらる、Narcessian賞を受賞。がん、疼痛マネジメント、症状マネジメント、緩和ケア・エンドオブライフケア、ホスピスケアの研究に取り組んでいる。 

桑田 美代子先生、RN, Gerontological CNS

医療法人慶成会看護介護開発室長兼青梅慶友病院看護部長代行。 2000年千葉大学大学院で看護学修士、2003年に老人看護専門看護師取得。   聖路加国際大学臨床教授。 ELNEC-J 指導者養成プログラム講師。

第15回(2014年開催)テーマ: アメリカの緩和ケア における痛みのマネジメントとがん看護
    1) アメリカの 緩和ケアにおける痛みのマネジメント 講師:  Susan Gibson先生
    2) アメリカにおけるがん看護 講師:  Susan Gibson先生
-肺・大腸・子宮がんと化学療法の看護ケア-   
    3) 日本におけるがん看護への期待と緩和ケア 講師:   梅田 恵先生
    4) がん緩和ケアの看護実践: 事例検討
    5) 質疑 ・ 応答コーナー
  【講師紹介】
Ms. Susan Gibson, RN, FNP-BC, ACHPN
Visiting Nurse and Hospice Care, Santa Barbara で入院ホスピス担当医兼地域緩和ケアプログラムコーディネーターとして活躍。 ELNEC Core Member。
2009年アラバマ大学で看護学修士、2010年家族ナースプラクティショナー取得。
2010年高度実践ホスピス・緩和ケア看護師取得。緩和ケア、同プログラムの開発と教育及び外科看護15年の経験。

梅田 恵先生、PhD, RN, Oncology CNS

株式会社緩和ケアパートナーズ代表取締役。  ELNEC-J 指導者養成プログラム講師。
1999年聖路加看護大学大学院で看護学修士、2000年がん看護専門看護師取得。
2014年 聖路加看護大学大学院で博士号取得。 2014年昭和大学大学院教授に就任。

第14回(2013年開催)テーマ: アメリカのエンドオブライフにおけるがん緩和ケア
    1)アメリカのエンドオブライフにおける緩和ケア      講師: Marian Grant先生
    2)アメリカにおけるナースプラクティショナー /      講師: Marian Grant先生
/ 高度実践看護師: 現状と課題
    3)がん患者と向き合う看護師のつらさと癒し      講師: 田村 恵子先生
    4)がん緩和ケアの看護実践: 事例検討
    5)質疑 ・ 応答コーナー
  【講師紹介】
Ms. Marian Grant, DNP, RN, CRNP, ACHPN. FPCN
メリーランド大学看護学部准教授兼メリーランド大学医療センター緩和ケアコンサルタントサービスに勤務。  ELNEC Core Member。2005年ジョンズホプキンス大学で看護学修士、2010年メリーランド大学でDNP取得。
 

田村 恵子先生、PhD, RN, Oncology CNS

淀川キリスト教病院主任看護課長 。 ELNEC-J 指導者養成プログラム講師。
1996年聖路加看護大学大学院で看護学修士。1997年がん看護専門看護師取得。
2006年大阪大学大学院で博士号取得。  2014年京都大学大学院教授に就任。

                                  

                                                 Copyright © 2015 Holos Universe Inc. All rights reserved